離乳初期におススメ!野菜処方�C

●ニンジン貼付●
これは、ニンジンだけではなく、サツマイモやじゃがいも、カボチャ等でもおんなじ処方箋になりますので、様々な野菜で作ってみて下さいね。
【材質】
・にんじん:半媒体
・水:適量
【処方箋】
1.ニンジンは皮を剥いておきましょう。以後、適当ながたいで構わないので、輪切りとしていきます。
2.鍋に水を入れます。容積はニンジンがひたひたといったかぶる程度で大丈夫です。弱火でニンジンが柔らかくなるまでじっと煮込んでいきましょう。
3.串でニンジンにおいて、十分に柔らかくなったのを確認したら、ニンジンを潰していきます。この時に煮汁を些か加えて上げると、湿気が多いときの貼付ができあがるので、離乳食初めての乳児にとっては、飲み下し易くなりますよ。
4.貼付状として裏ごしを通じて終了だ。
5.これを製氷皿に小さじ1ずつに小分けして冷凍し、完全に凍ったら冷凍耐久バッグに入れて保存しておきます。
●ほうれん草処方●
ほうれん草の場合はアクが強いという特徴がありますので、離乳食に取り扱う部分は葉っぱのスポットだけにしておきましょう。残りの茎部分は成人が食べれば問題ありません。
【材質】
・ほうれん草:4束
・湯:適量
【処方箋】
1.ほうれん草をよく水で洗って、沸騰したお湯の中に約10食い分ほど茹でていきましょう。お湯に加えるって色つやも鮮やかな緑になりまとまります。
2.ゆであがったら、茎といった葉のスポットを分けて置き、葉のスポットとしていきます。
3.フードプロセッサーがある場合には、活用して細くしてけば簡単です。けれそなくても問題ありません。包丁で細く刻んでいけばOKです。
4.刻んだら、すり棒として圧すようにして裏ごししていけば終了。
5.完成したほうれん草を1食分ずつ冷凍耐久ください。

●トマト●
甘味があり酸味が爽やかトマトは、養分も豊富です。夏場は更にトマトを取る事によって体躯を冷やしてもらえる営みもあるので、乳児にも食べてほしい野菜の一つだ。ですが、離乳食で使って出向く際に、トマトの皮を湯むきしなければならなくて、苦しみという声も聞かれます。
そういった輩にバックアップな施策があります。それがトマトを冷凍始めるという施策。買ってきたトマトを冷凍して、凍ったら水で洗うだけ。これだけの手順で驚くほど皮をするするっとむく事ができます。
また、マテリアルのスポットも簡単に取って行く事ができますのでおススメですよ。正邪お試しください。
【材質】
・耳よりトマト:1〜2個
【処方箋】
1.耳よりトマトを使う分だけ冷凍しておきます。
2.取り扱う際に冷凍庫から生み出し、水洗いを通じて皮を剥いていきましょう。
3.凍ったままの耳よりトマトを4等分に切り分けたら、マテリアルを取り除いていきます。
4.月齢によって刻みのがたいを調整し、それを電子射程で加熱していけば終了となります。
●玉ねぎ●
ちょびっと甘味を感じる玉ねぎも、この時期から食べて行く事が望める野菜だ。ただ、柔らかくなるまでに少々時間が掛かるので、まるごと作って冷凍保存しておくと便利な素材だ。
【材質】
・玉ねぎ:中グループ
・湯:適量
【処方箋】
1.玉ねぎを小さく切っていきます。
2.鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら玉ねぎを入れていきます。茹でていく過程でアクが出てくるので、丁寧に取っていきながら柔らかくなるまで茹でていきます。
3.柔らかくなった玉ねぎをすり鉢ですり潰して赴き、裏ごししたら終了だ。
4.完成した物を、製氷皿等に入れて1食分ずつ冷凍しておきます。
如何でしたでしょうか。
冷凍耐久も活用しながら、正邪こどもの離乳食製造を楽しんでくださいね。http://xn--q9j2c1eub9e2e1j.xyz/